梅子の美術館あちこち巡り

おもに関西ときどき東京

春の隅田川〜夜桜とスカイツリーと赤い提灯〜

春といえば桜。

毎年見てるのに、春がくるとまた見たくなるのはなぜでしょう?

桜を愛でて、やっと春が来たと感じる思考回路が日本人のDNAには染みついているのでしょうか?

先日、桜の時期に合わせて東京へ行ってきました。

今年は桜の時期が長くてうれしいけど、この日はとにかく寒くて寒くて・・・。
ガタガタ震えながらの夜桜。
桜もびっくりしてるでしょうね。
でも、すぐに寒くても来てよかったと思えました。
美しい瞬間は逃したくないのです。

f:id:sanpo_kurashi:20190405095011j:plain
隅田川の浅草側から見た景色は、風情ある夜の川に浮かぶ屋形船と、その向こうには金属的な光を放つスカイツリーが見える不思議な風景。

夜は川面に屋形船や街の光が反射して波間がきらめいて、スカイツリーは一本の剣みたいな光を、まだ冷たい東京の夜の空に放っていました。

f:id:sanpo_kurashi:20190405095051j:plain
ちょうど隅田川の両岸の桜の花が見ごろで、等間隔に灯る赤い提灯が、桜の白に近い薄桃色の花びらを、少しだけ色気のある赤い色に染めていました。

夜に浮かぶ赤い提灯は、少し人の心を高揚させますね。

f:id:sanpo_kurashi:20190405095130j:plain
出店があるのは向島側だけで、桜まつりの期間だけ地元の方がおでんや焼きそば、焼き鳥、そしてお酒を並べています。

それがなんだか優しくてあたたかい雰囲気なんですよね。

地元に帰ってきたみたいな、懐かしい空気に包まれた出店の小屋。
夜の闇に浮かんだ灯が心丈夫になる、この雰囲気が好きです。

この日はとくに冷えた夜で、川沿いにおいた椅子に座ってアツアツのおでんとモツ煮で、体の中から温まりました。

f:id:sanpo_kurashi:20190405095205j:plain
桜と東京の景色と、そこに暮らす人。

隅田川の夜桜は格別です。