梅子の美術館あちこち巡り

おもに関西ときどき東京

桜の宝塚へお散歩〜さくら満開の花の道〜

関西にも桜の季節がきました。

待っているとなかなか来なくて、今か今かと待ち焦がれる桜の開花。

でも、咲きだすとあっという間に花の時期が終わってしまう、本当に気忙しい花です。

花の開花時期を予測してスケジュール帳とにらめっこしたり、お花見の計画を立てたりと、桜の開花の進捗具合に右往左往するわたしたち日本人。

桜の木にはどんな風に見えるんでしょうね。

でも、それくらい日本人にとっては大切なこと。

宝塚市内には桜の木が多いけど、ここ“花の道”の桜は格別です。

f:id:sanpo_kurashi:20190410004351j:plain

震災の前に比べると桜の木の数は減ったように思いますが、それでもこの日はまっすぐ歩けないほどの人の多さでした。

やっぱりここは乙女の聖地。

“花の道”の桜にこだわる乙女ごころの持ち主が多いようですね。

もしかしたら一年で一番賑やかなのかもしれないな。

春の日差しの中の桜はやっぱり魅力的!

夜桜も好きだけど、春の明るい日差しとやわらかい風に揺れる桜も好きです。

薄桃色の花びらが日の光に透けて、風に揺れている姿は儚げで可憐な乙女のよう。

桜はその土地土地でそれぞれ魅力的だけど、宝塚の“花の道”はそんな桜です。

f:id:sanpo_kurashi:20190410004503j:plain

マグノリアも負けじと花を咲かせていました。

好きな花です。

f:id:sanpo_kurashi:20190410004430j:plain

桜以外にも四季折々のいろいろな種類の花が、歩く人を楽しませてくれています。

f:id:sanpo_kurashi:20190410004317j:plain
スミレの花に散る桜。

“花の道”にぴったりな風景。

f:id:sanpo_kurashi:20190410004240j:plain

この時期はユキヤナギも見ごろで、桜とのコーデは白とピンク。

やさしい配色に心いやされます。

f:id:sanpo_kurashi:20190410004206j:plain
ちょうど宝塚大劇場の前にある桜の木が満開で、風が吹くたびに桜吹雪がひらひらと舞い上がっていました。

周りの人たちが思わず「ワッ!」と歓声を上げるほど美しくて、時間が一瞬止まったような神々しい瞬間に見えました。

ひらひらと桜が散ると心が騒めくのは何故でしょう?

f:id:sanpo_kurashi:20190410004043j:plain
オスカルとアンドレも桜を楽しんでいるみたい。

f:id:sanpo_kurashi:20190410003718j:plain
小林一三先生も、桜を眺めながら気持ちよさそうです。

春爛漫。

こうしてここに居ることも、美しい桜を見られたことも、全てに感謝したい気持ちになります。

 

そして、また来年も美しい桜を見られますように。