梅子の美術館あちこち巡り

おもに関西ときどき東京

個性派の魅力爆発の「奇想の系譜展」に行ってきました!

ちょっと前ですが、「奇想の系譜展」に行ってきました。

(現在、開催期間は終了しています。)

f:id:sanpo_kurashi:20190416020451j:plain

1970年に美術史家の辻惟雄氏が著した「奇想の系譜」は、それまで知られていなかった、かつての江戸絵画の中でも斬新で自由な発想の画家たちを取り上げた著書でした。それが今では誰もが知る人気の画家に。

今回はそんな伊藤若冲曾我蕭白長沢芦雪狩野山雪岩佐又兵衛歌川国芳白隠慧鶴、鈴木其一が加わった濃い美術展でした。

f:id:sanpo_kurashi:20190416020503j:plainまさに奇想の画家たちの魅力全開の作品に圧倒されました。
個性が強すぎ?な8人。
知ってる作品。

初めての作品。

どれも絵力が強くて、何日か経ったあとにも凄かったなと思いを馳せるほど。

この中の一人だけでも、その個性は他にない輝きを持っていて、それが8人。

各画家の作品を固めて展示していて、まず最初の一枚が若冲の「象と鯨図屏風」という贅沢なスタートでした。

f:id:sanpo_kurashi:20190416020512j:plain

そして、クライマックスが続くという感じでしょうか?

なんという贅沢な時間。

江戸のアヴァンギャルドな8人のスーパースター。

一度にみせていただけて本当に幸せでした。

そして、私はというとしばらくの間、奇想のエネルギーの強さに、かなりやられてしまいました。

今も時々思い出すほど。
ここまで後を引くのは、なかなかです。

 

www.tobikan.jp