今年の3月オープンした「喫茶博物館 喫茶ポエム」へ行ってきました

先日、兵庫県立美術館の「河鍋暁斎」展へ行く前に、ちょうどお昼時だったのでランチに。
阪神岩屋駅から歩いて数分。
BBプラザの3階に、今年の3月オープンした「喫茶博物館 喫茶ポエム」
兵庫県立美術館に行く途中にあって気になっていたので行ってみました。

中はとっても雰囲気を持った椅子とテーブルが並んでいて、昭和レトロな心地いい雰囲気。
調べてみると神戸元町や須磨にある「喫茶ポエム」の3号展なのだそうです。
お名前だけは伺っておりました。
今はもう閉店してしまった喫茶店の使い込まれた調度品に囲まれた空間は、まるで新しいビルの中の異空間。

家具はその場所と時間と愛情を持って使った人の記憶が染み込んでいるのかもしれないですね。

なにか新しいものとは違う、人間でいうと味のようなものを感じます。

 

f:id:sanpo_kurashi:20190518215924j:plain


ランチにはサンドイッチを頼みました。

 

f:id:sanpo_kurashi:20190518215958j:plain


軽くトーストしたパンに挟まれた卵焼きが絶妙な柔らかさ。
パリッとしたキューリの食感とジューシーなトマト、ハムの塩味が相まって、とても美味しゅうございました。

 

f:id:sanpo_kurashi:20190518215830j:plain


そしてテーブルの横にはなんとも気になる「珈琲おかわり二百円」
なんだろう?
すごい見てしまいました(笑)

このあと2階にあるBBプラザ美術館へ。

昭和生まれにはしっくりきすぎるこの感じ。
昭和生まれでない方も是非おすすめです。

 

tabelog.com